Top
カテゴリ:+ interior( 26 )
室内ですが…暑いので。
a0072569_211506.jpg
わが家のリビングは2階。
西側に傾く屋根裏がリビングの天井になります。

冬は暖かくていいのだけど、この時期はお昼頃から夕方まで、2つのトップライトと西側の窓から陽がサンサンと降り注ぎ、リビングの室内温度もうなぎ上り★
外気温30℃でも、室内は33〜34℃になってしまうのです。

もちろん かい も舌が出っぱなしでハアハア。

a0072569_2111416.jpgそこで、トップライトの陽差しを遮る為に、タープをかけてみました。
タープと言っても、使わなくなったベッドカバーですが…(^_^;)

ロフトから窓側に張ってみたら、想像以上に効果テキメン!
UVカット仕様のタープでもないのに、生地が厚いせいか陽射しを完全にブロック。
今までトップライトの陽射しを避けるように部屋の中を移動していた かい も、リビングのド真ん中でお腹を出して寝られるようになりました(笑)。

室内なのにタープのかかる家…ちょっとフシギかもしれませんが、快適な上にちょっぴり山小屋気分まで味わえて、勝手に避暑地の別荘のつもりでいます♪
[PR]
by mano_mano2 | 2011-08-18 21:17 | + interior | Comments(0)
模様替え
世の中ゴールデンウィークが始まる頃から、怒濤の日々が始まりましたー!
撮影にイラストに…休みなく走り続けた2週間。
ブログの更新もできず…スミマセン。
今、やっと大きなヤマを越えましたー! ふーっ。

a0072569_23122990.jpgでもね。忙しい時に限って
「無性にやりたくなるコト」
ってないですか?
例えば試験前なのに漫画が読みたいーっ! とか。
夜中なのにカラダ動かしたいーっ! とか。(私だけ?)
初夏のような陽気のGW。
頭もカラダもフル回転でお疲れモードなのに、掃除をしながらソファを動かしてたら…降りてきちゃいました!
「模様替え」の神サマがっ!!

一番大物のソファを壁際から窓際へ。じゃあ、あれをこっちに、これをあっちに…と、リビングの中を何度もぐるぐる。まだ改善の余地を残しながらも「初夏バージョン」の模様替え完了デス〜♪

a0072569_23142369.jpga0072569_23143881.jpg
(左)リビング→キッチン。一番奥が私のアトリエ。
(右)キッチン→リビング。ついでに奥のTV台にもキャスターを取り付けたら、
   移動&お掃除もラクラクに♪
リビングとキッチンの間にリネンガーゼの布をサラッと垂らしただけなのに、
すっかり初夏の趣でしょ。

a0072569_23145864.jpgおまけ画像は、新しい家具配置で落ち着かない かい と戯れる、ご満悦なダンナさま。
(かいが拉致られてる気もするケド★)

普段のわが家は、リビングテーブルを端に片付けて、床面を広ーくしております。
そう。まさに「Dog House」仕様!
ソファの位置を変えたら、思いのほか床面が広くなったので、ただいま大ーきなグリーンの円形シャギーラグを物色中。
他にも手を加えたいところが次から次へと…
ひとつずつ、楽しみながら作っていきましょー♪
[PR]
by mano_mano2 | 2010-05-13 23:40 | + interior | Comments(0)
今年最後の大仕事。
a0072569_234111.jpg汗ばむほど暖かくなったと思ったら、冬へと逆戻り…
こうやって日に日に春めいていくのだと解っていながらも、やっぱりこの2日間の寒さは尋常じゃないーーっ★

掃除をして、しまっちゃおうと思っていたアラジン。
最後の灯油一滴まで、絞り出すようにフル稼働!
今年最後の大仕事。

だといいのですが。。。
[PR]
by mano_mano2 | 2010-04-17 23:09 | + interior | Comments(0)
OLD New Face〜わが家にAladdinがやってきた〜の巻。
a0072569_2148201.jpgついにわが家にも『Aladdin』が
やってきましたー!

年末年始に実家へ行った際、玄関に
ポツンと置かれていたこのストーブ。
聞けば、もとは弟のお嫁さんが実家で使っていた10年選手。子供たちが小さくて危ないから…と、弟の工場へ。
アラジンストーブの非力さでは、広い工場ではあまり役立たなかったらしく、物置へしまおうとしていたとか。

ちょっと待ったーっ!
使わないのなら、ワタシが使うー!

というわけで、晴れてわが家へ嫁入りして参りました。
このクラシカルなデザイン…
ホレボレですぅ〜♪
a0072569_2232029.jpg前の家は古い平屋だったので某メーカーの「なんちゃってアラジン?」的な石油ストーブがフル稼働していたわが家。
今の家に移ってからは、便利で強力なガスファンヒーターでガッと暖め、エアコン17℃設定で保温というのが日常的。
が。やっぱりニガテなんです…あの風と乾燥が。

「石油ストーブ」というと、灯油を入れる手間や火が回るまでの待ち時間など
不便な点もあるのですが、なによりユラユラ揺らめく炎とシュッシュッと沸く
やかんの音。。。視覚的にも気持ち的にもポッと暖かくなる感じ。
やっぱりストーブが好き!

10年選手とはいえ、弟が掃除をし、芯を替えてくれたので、美しいブルーの炎が揺らめきました! まだまだ現役で頑張ってもらいましょ。
今年の冬後半は、アラジンのストーブで身もココロもほっこり気分♪
編み物の手も進みそうです。
[PR]
by mano_mano2 | 2010-01-08 22:36 | + interior | Comments(8)
リメイク「ロールスクリーン」編。
a0072569_2265466.jpgここのところ師走とは思えぬ小春日和な暖かさが続いてます。
年内の仕事もひと足早く落ち着いた私は、新居に移ったこの4年間「まだ新しいし〜」と見て見ぬフリしてきた部屋の大掃除をチョロチョロと始めました。

掃除や模様替えって楽しいけど、気分が乗っちゃうと、次から次へと手を出したくなっちゃうので困ります★
今回も掃除の合間に…やっぱり模様替え!
というわけで、ロールスクリーンを張り替えました!  まー、可愛くも面白くもない超シンプルな色柄なんですけど。
実はコレ『遮音カーテン』の生地を使ったもの。今回は かい のお留守番対策に、吠え声を極力外に漏らさないための実用性重視で選んだため、種類がとーっても少ないのです。

最初はカーテンを作るつもりで取り寄せた『遮音カーテン』の生地。
届いてビックリ…まるでビニール製のテーブルクロスみたい!
色柄質感…どれをとってもインテリア性ゼロ★ でも背に腹は代えられず…
ならば使わない時はスッキリ丸めて格納できるロールスクリーンに!と路線変更。

ロールスクリーンを手作りしたい人のためにキットも販売されているのですが、
これがナカナカのお値段。
貧乏性の私は、前の家で使っていながら、今は使っていなかったロールスクリーンを引っ張りだしてきて、分解+張り替えすることにしました!

a0072569_22335961.jpg(before写真がなくてゴメンナサイ★)
もとは普通のホームセンターで買ったフツーのロールスクリーン。
←サイドのネジを外して金具を取り、バーからスクリーン生地を取り出すとこんな感じ。
塩ビテープみたいなモノに生地が巻き付けられて、ホチキスで留められてますが、結構あっさり取り外せます。
(ケガには十分ご注意くださいね)

上下のバーから生地を外した状態の一式↓
サイドの金具、ポール、塩ビテープ。
a0072569_22341266.jpg

a0072569_22435358.jpgあとは元の状態と同様に、新しいスクリーン生地を塩ビテープに巻き付けて、ポールをはめ込み、金具を装着してでき上がり♪

既製のロールスクリーンによって金具などは多少違うと思いますが、大方同じ感じで付け替え可能だと思います。
今回使った遮音カーテン生地は、切り端がほつれにくいのでそのまま張り替えましたが、普通の生地の場合、両端に接着剤を塗って、乾いてからカットすればホツレ防止になりますね。(ロールスクリーンの場合、両端を三つ折りミシン…なーんてしちゃったら、巻き上げたとき盛り上がっちゃいますので要注意★)

手持ちのロールスクリーンが汚れてきた方、窓辺を模様替したい方、お好みの布でロールスクリーンを作りたい方etc…
たぶん想像してるよりカンタンに張り替えられるので、チャレンジしてみることをオススメします!
[PR]
by mano_mano2 | 2009-12-28 23:00 | + interior | Comments(0)
セルフリフォーム vol.2。
続いて寝室です。元はリビング同様、緑色の砂壁の6畳の和室。
壁を塗り塗りしたのは同じですが、砂壁や珪藻土壁はモロくて、釘やネジが付けられないので、一面だけ白い板壁にしました。
この板壁に棚やフックを付けて、ディスプレイ&収納スペースに。 
左側の壁が板壁デス
a0072569_1182988.jpg
 
a0072569_1192714.jpg


a0072569_125186.jpga0072569_1252916.jpg洗面所とトイレの水回りは…さすがに絶句するほどのくたびれよう。
カビや水漏れなど、そのまま使うにはかなり勇気がいる状態でした

ところどころタイルを埋め込んだ白い塗り壁&腰壁で、思いっきりさわやかに♪ 
a0072569_1281537.jpg


a0072569_1312937.jpg最後は小さいながらも初めての庭♪ 古い平屋によくある縁側と殺風景なコンクリートの足場。 
 
全面に板を敷いて、リゾート気分満喫〜♪な
憧れのウッドデッキに変身させました。  
おばあちゃん大家さんには「いい花壇ができたよ〜」と褒められましたが…『ん?・・・花壇???』
a0072569_1334788.jpg


a0072569_1415998.jpgインテリア誌のタイアップ兼ねて、
1年がかりで生まれ変わった我が家。
手がけたのは7年前…改めて見ると、さすがに「今となっては…」なテイストもありますが、この完成図から、さらに二転三転と変化し続けたのは言うまでもありません。

DIYは得意ではないダンナさまも買い出しにつきあってくれたり、時には板を切ったり塗ったり。(会社に行く前と帰ってきたときに部屋が変わってることがほとんどでしたが・笑)
何より「好きにしていいよ〜」と改装を快諾してくれた理解ある大家さんのおかげです♪

東京を脱出して、湘南に移住した記念すべきおうち。
たった2年半しか住めなかったけど、
この家を引っ越すことが決まったとき、
思わず涙が出そうなほど寂しかった…
車で近くを通ると、ついつい立ち寄ってしまうほど、今でも大好きな大好きな家です。

さて、現在。夢のマイホームを手にして早4年…
そろそろホンキで手を入れたくなってきましたよー!
まずは玄関を年内にプチリフォームできるようにガンバロッ!!


*掲載写真の著作権は「主婦と生活社」「学習研究社」に帰属します
[PR]
by mano_mano2 | 2009-11-14 02:00 | + interior | Comments(0)
セルフリフォーム
a0072569_22541168.jpgTV台のリメイク』に続き、
セルフリフォームのお話。
先日、あるお店のインテリアなどを相談された際、ちょっとは参考になるかと思い、4年前まで住んでいた家の画像を引っ張りだしてきました。
この築20数年の平屋をセルフリフォームしたもの。
4年経った今、改めて見ると…
いやー、よく頑張った(笑)! 
そして、やっぱり今でも大好きな家。
古い家が、どんな風に生まれ変わったのか…ちょっとご紹介です。

a0072569_2258836.jpgまずは古い家によくあるタイプのステンレス張りのキッチン。広さ4.5畳という狭さ。

ステンレス部分にはモザイクタイルを貼り、
シンク下の扉にも板を張り、吊り戸棚の扉は外してカゴ収納に。
これだけでも同じキッチンとは思えないほどの変わりようでしょ!?   
a0072569_22565427.jpg

a0072569_239578.jpg続いて緑色の砂壁が古めかしい和室6畳のリビング。

こちらは『砂壁の上から塗れる珪藻土』を塗り塗り。
柱は焦げ茶色に塗って引き締めて。
好評だったのが、窓枠にピッタリはめ込んだだけの棚。古い磨りガラスから差し込む日差しを遮ることなくディスプレイも楽しめます♪   
a0072569_23916100.jpg


次は寝室…といきたいところですが、お風呂に入る時間でございます〜!
とりあえず今日はここまで m(_ _)m。 続きは次回に〜!



*掲載写真の著作権は「主婦と生活社」「学習研究社」に帰属します
[PR]
by mano_mano2 | 2009-11-13 23:31 | + interior | Comments(0)
リメイク
a0072569_21361016.jpg仕事がひと段落して、フリマの品出し兼ねて片付けをしていたら…ずーっと気になっていたモンダイも一緒に片付けたくなりました。それがこのTV台→
前の家で使っていたモノですが、今の家に引っ越した際、父と弟が新居祝いに液晶TVを買ってくれてから、お払い箱となって、部屋中あちこちにたらい回し(涙)。
リサイクルショップに出すことも考えたのだけど、今更ブラウン管TV用の台なんて欲しがる人いるかしら…???なんて考えてるうちに出しそびれて。先日いよいよ部屋の中からも追い出され、ウッドデッキに追いやられたのでした。処分も考えたけど、あればあったで物置やらクッション干し台として使い始めちゃって(笑)。

でも。このままじゃ、あんまりデス。キライなんですよねー、この「化粧合板」っていうウソの木目。どうせ処分するなら、もうひと働きしてもいましょ! というワケで、リメイク決行〜!
今回のリメイクは、処分前の最後の手段。とにかく『材料費ゼロ!』が条件です。
幸い(?)仕事柄、何か作るたびに出る端材が山積み!
中から使えそうなモノを物色して寄せ集めて…
とりあえず天板と側板を貼ってみただけでも、かなり印象が変わります。
a0072569_21475952.jpga0072569_2148918.jpg
さーて、あとはもともと着いていたガラス扉(クロスチェックの曇りガラスで、なかなかカワイイ♪)を取り付けて出来上がり♪と思っていたら…ないっ!
ガラス扉はあるけど、取り付け金具がどこを探しても見つからなーいっ★
引っ越しの際、どこかにいってしまったのかしら…

a0072569_2204260.jpgで、またまた
部屋中ウロウロ材料探し(笑)。
これまたバルコ二ーで枕干し台として使っていたスノコ発見!
サイズに合わせて組み直して…程よい扉が完成しました♪
手前にパタンと開くタイプ。

あとは屋外用のペイント材で色を統一…と思ったけど、このトーンの違いもなかなかオモシロイ♪ので、塗り替えは、また後日にすることにしました。

a0072569_228461.jpgさて、このTV台(今は屋外物置?)実はもうひとつ大きな役割があるんです。それが…
かい のひなたぼっこ台
太陽の高度が低くなってきて
陽のあたる位置が、だんだん上へ上へ…それに応じて、かいも上へ上へ…(笑)。
実は かいサマ、自分がチビだからか、高い所が大好き!
短足 かい が自分で上り下りできるよう、左のベンチ台から階段状に置かれたクッションをステップに、
お昼寝台頂点へ!  これぞまさに…「お犬サマ」ですな☆
[PR]
by mano_mano2 | 2009-11-10 22:28 | + interior | Comments(0)
TRUCK FURNITURE
a0072569_21452844.jpg空や風の中に秋の気配を感じる今日この頃。
模様替えムシがウズウズしてますー!
なのに、ここのところ、ひたすらデスクワーク。
そんなときは気分転換に、インテリア誌などを眺めては、新たなる模様替えへのイメージをふくらませて、とりあえず自分をなだめてます(笑)。
今日は久々に『MAKING TRUCK』をパラパラ。

TRUCK FUNITURE』といえば、有名人などにも人気の家具屋さん。ファンの方も多いのでは?
かくいう私もファンのひとり。
カタログやHPは眺めているだけでも満足気分を味わえます。

実は私とTRUCK FUNITUREとの出会いは、約12年も前のこと。
インテリア雑誌の編集部で仕事をしていた当時「インテリア特集」と題した雑誌や、興味あるインテリア誌を買いあさっては、穴があく程眺めていた私。
気に入ったり参考になるページは切り取ってファイリングしてました。
その中に…1997年の「non no」インテリアコンテスト(?)の中に、黄瀬サンと唐津サンのお部屋があったのです。
a0072569_2215032.jpg
a0072569_2225528.jpg自分たちの手で改装したという、広〜い一室。衝撃的でした!
部屋にある家具などを見る限り、TRUCK FUNITUREがOPENするかしないかの頃だと思います。

あれから12年…
すっかり有名になったお二人ですが、当時のコンテストの結果は…なんと「佳作」!
優勝・準優勝だったお部屋のキリヌキは残してないところを見ると、当時の私には「佳作」だったお二人の部屋の方が魅力的に見えたのでしょうね。(今でも魅力的!)
このキリヌキ、TRUCK FUNITUREの熱烈ファンにはたまらないレアものかも☆


       同ファイルの中にこんなものもありました!
a0072569_22134112.jpg
a0072569_221499.jpgこちらも今ではママさんファンを多く持つナチュラルインテリアのカリスマ的存在、Hug O Warオーナーでもある雅姫さん。
(コチラも同時期の「OLIVE」のキリヌキ)
今ではナチュラルインテリアの代名詞的な雅姫さんですが、モデル当時の彼女の部屋は、アンティークものもあるものの、今と違ってかなりカラフル。
ワタシ個人的には、当時の雅姫サンのインテリアやファッションの方が好きです♪

それにしても12年前のキリヌキファイルが今もまだ残っているとは…
(今だにたまに眺めてます)
我ながら、モノ持ちがいいと言うか、単にインテリアオタクと言うべきか…

インテリアにも、時代によって流行廃りがあるもの。
でも、12年たった今になって眺めて見ても、まるで色褪せない魅力溢れる部屋…
センスはもちろんのコト、それ以上に、そこに住む人のスタイルそのものが魅力的ってことなんだと思います。

あー、また模様がえ虫がウズウズしてきましたー!
あそこもここも…手を加えたい場所が次々と出てきました☆
とりあえず…壁一面、塗り替えたいーっ!
[PR]
by mano_mano2 | 2009-09-03 22:43 | + interior | Comments(0)
育つ家

2〜3年前に、どこかのお店のレジ先で「特売品!」と書かれたワゴンの中に ポツン と残っていた瀕死のパキラ。幹はしっかりしているものの、葉は数枚、しかもキズだらけ。
いつもだったら100円すら出すのも惜しいような傷みっぷりです。
なぜかこの日は、パキラから「私を連れて帰って〜!」と声をかけられているようで、
思わずカゴの中へ…わが家の新しい住人となったのでした。
 
a0072569_21443513.jpga0072569_21445069.jpgとはいえ特別な手のかけかたも知らず、土が乾いたら水をやる程度…
なのに、すくすくと、この育ちっぷり!
見事に甦生させたのでした♪(いや、勝手に育ってくれたのですが)
今日も生まれたての柔らかな葉が、まるで大きく手を広げよう〜としているかのようで、思わず「頑張れ〜♪」と声をかけたくなります。

わが家は窓が多いせいか、リビングはまるで温室状態。
かつては「サボテンすら枯らす女」だった私ですが、この家ではまったく枯れ知らず!
部屋の中の観葉植物は、な〜んにも手をかけなくても、勝手にスクスク育ってくれます。

以前紹介したウンベラータも、昨年1年で驚異的に成長。
なんとひと夏で、60枚近い葉が生まれました!a0072569_22282599.jpga0072569_22293019.jpg
まるで「ウンベラータジャングル」と化した大木は、狭いわが家では置き場に困るほど。
今年もさらに60枚!?
・・・キャーッ!
というわけで、あまりに生い茂った大きな葉を、20〜30枚ほどカット。
「間引き」というには惜しいほど立派な葉っぱなので、
ガラスびんに挿しておいたら…
あれよ、あれよとヒゲのような根っこが! なんとたくましい生命力☆
ちょっぴりスッキリした「大木ウンベ」の方も、新芽の芽吹きの準備万端です!

a0072569_2245248.jpga0072569_22425219.jpg玄関先から移植した多肉植物も、300円で購入したプチ植物も、鉢から溢れ出るほどに成長中☆
そろそろ植え替えしてあげななきゃな〜。
あ。玄関先のワイヤープランツも恐ろしいほどにワッサワッサと育ってます!
(育ち過ぎってくらい☆)
[PR]
by mano_mano2 | 2009-07-10 23:00 | + interior | Comments(2)


mano*mano      坂井きよみ      +手づくり +雑貨 +インテリア +dogs
by mano_mano2
カテゴリ
全体
+ zakka
+ interior
+ hand made
+ works
+ shonan life
+ dogs
+ eco
+ talk
+event
未分類
ブログパーツ
LINK
最新のコメント
あずきさま コメント&..
by mano_mano2 at 15:35
山下けいと さま ご訪..
by mano_mano2 at 21:02
はじめまして! 今回ネ..
by 山下けいと at 21:19
*ふー さま ありがと..
by mano_mano2 at 22:42
ありがとうございます(^..
by ふー at 20:30
*ふー さま ご訪問&..
by mano_mano2 at 10:22
こんにちは。リネンカバン..
by ふー at 09:18
*鍵コメさま コメント..
by mano_mano2 at 09:11
hanachan_ma..
by mano_mano2 at 23:40
まるちゃんとあゆちゃんは..
by hanachan_mama at 22:35
ライフログ
以前の記事
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧